英会話における英語のなまりについて

  • 英会話における英語のなまりについて

    • 年々人気を高めている英会話ですが、英語と一言で言ってもたくさんの種類の英語があります。
      英語が公用語とされている国は約60カ国も存在し、その国々で英語の形はそれぞれ違ってきます。

      また、公用語とされていなくても日本人の話す独特な英語の発音などを指すジャパニーズイングリッシュなど、一つの種類とも言えるほど確立しているものもあります。日本で一般に言う「英語」とはほとんどがアメリカ英語かイギリス英語です。そして「英」語というくらいなので私たちが学校の英語の授業で教えられてきた英語はイギリス英語かとおもいきや、ほとんどの学校ではアメリカ英語が授業で用いられています。


      この二つの英語の他に留学先などで人気な国としても挙げられるオーストラリアやニュージーランドの英語があります。

      どちらも派生元はイギリス英語なので基本的な面では似ていますが、ニュアンスや発音の仕方が異なる部分も多くみられます。また、留学先の話を更に続けると、最近ではこれらアメリカ、イギリス、オーストラリアなどの英語圏に行くよりもかなり低いコストで行けるということからシンガポールやフィジーも人気となっています。


      これらの国に行く際も経済面を差し置いて懸念されるのがなまりですが、語学学校に通うならば、アメリカ英語やイギリス英語に近いいわゆるきれいな英語を学ぶことが可能であるようです。また、国別の他にも一つの国の中でも多くのなまりが存在します。
      日本語でも標準語と関西弁の違いを考えてみると分かりやすいと思います。


      ここまで紹介してきたように英語と言っても数々の英語が存在します。

      英会話を取得したいと考える人は今一度どうして自分が英会話を取得したいのか、目的を明確にし、それに見合った英語を取得すると少しその目標への近道となるかもしれません。

      英会話とは、その文字通り英語で会話をすることです。

      では、日本でのその歴史はどのようなものなのでしょうか。最近のものと思われがちですが、英会話には古い歴史があるのです。
      専門の学校が開かれたのは明治維新以降であり、その時点でも英語教育を目的に日本に来ている外国人教師も多くいたようです。


      時代の変化と共に英語も徐々に必要となっていったのですが、英語を使う機会があまりなかった日本国内では英語を読めることを優先させる教育が行われていったようです。
      今現在、中学校から英語を学び、会話が出来るようになるまでに苦労するのはこれが原因です。
      そこで、2000年代に入ると英会話教室が増え、人々は、これをより身近に感じてくるようになりました。
      「駅前留学」という言葉も世間に浸透し、駅前にある教室に通うことによって英語を上達させていきます。


      一番大切なのは英語で会話をする機会を設けることなのです。
      さらに最近、流行ってきているのが「オンライン英会話」です。
      これは1990年代からインターネットの使用が当たり前になり、主流となっていきました。


      自宅にあるパソコンを使用して、気軽に、そして格安にそれを楽しむことができるようになりました。このようにして英会話というものが世に広まっていったのです。
      昔よりグローバル化しオープンになった今、これからも進化を続け、日本人でもネイティブのように英語を話せる人が増えていくと考えられています。

      茨城のフォトスタジオ情報を、皆様へ配信するサイトです。

      おすすめの写真館関する情報探しのお役に立つサイトです。

      明日に役立つ前撮りについての情報はこちらです。

      年賀状の写真の有益な情報をお届けします。

      フォトスタジオの口コミ関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

      http://matome.naver.jp/odai/2139167625417998701/2139175387855668703

      http://okwave.jp/qa/q7444300.html

      http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13116429983

  • 関連リンク

    • 英会話を上達させるにはコツがいると考えられています。その方法をいくつか調べてみました。...

    • 日本人にとって英語をペラペラに話せることは、誰もが憧れているものです。中学校から英語の教育がなされていますが、なぜ日本人はこんなに英会話が苦手なのでしょうか。...